工具をそろえて対応できるエアコン取り外し

subpage01

エアコン取り外しは安全に作業を行わないと怪我をしてしまったり、本体を破損させてしまう可能性がありますから、きちんと工具をそろえてから取り掛かる必要があります。

家庭で工具箱を持っているなら、その中に入っているもので十分に作業が可能ですが、これからそろえる場合は、たくさん市販されている工具しか使わないのでホームセンターなどで入手がしやすいです。
モンキーレンチやプラスとマイナスドライバー、ニッパーに六角棒レンチがあれば十分です。
エアコン取り外しを行うとき、ほこりなどが落ちる可能性がありますから、床などを養生したいならブルーシートなどをそろえておくと便利ですが、新聞紙などでも代用できます。



作業を開始する前には、フロンガスの対応を行わなければなりません。



冷却するときに使われるフロンガスは、そのまま本体を動かしたりすると漏れ出すことがあるからです。機種によって対応方法が異なりますから、事前に調べて対応を済ませ、それからエアコン取り外しを行います。


運転が止まっている状態でコンセントを抜き、配管や配線から対応していきます。配線はまた使うのであれば丁寧に抜き取る必要がありますが、もう本体を処分し使わないというのであれば切断してしまってかまいません。



室内機は安全に外せるように足場を安定させることができる椅子や脚立があると作業がしやすいです。すべて取り外すと配管の穴が壁に残りますから、新たに設置しないのであれば穴は塞いでおいたほうがよいでしょう。