自分でエアコン取り外しをして費用を浮かそう

subpage01

壊れたわけではないけれど、エアコンを新しいものに取り替えたいと思っている方は潜在的に多いと思います。
新しいものの方が効率もいいはずだし、結果、電気代も安くつくと思われるからです。



しかしながら取替え工事がバカにならないからなと思い躊躇してしまうケースも多々あります。

でもエアコン工事ってそんなに高いものでしょうか?現在、「どこよりも安い取り付け工事費用」と謳っている業者もありますから、一度見積もりを出してもらいましょう。
今現在取り付いているエアコンのメーカーと型式と次に取り付けるもののメーカーと型式、それと現況をイラストなどで分かるようFAXで送付すれば、見積もりを出してくれるはずです。

その見積書にはエアコン取り外し料金が書かれていると思います。

その段階で「こちらでエアコン取り外しはやっと来ますから、その分は控除してくださいとお願いすればかなりの時間と料金が変わってくるのではないでしょうか。


エアコン取り外し取り付けするのはかなりの人ができると思います。ただ配管の取り付け外しと真空引きなどの技術の面で不安があるから、業者に頼むことが多いのですね。


実際エアコン工事に関するサイトがネット上にたくさんあります。
なかにはエアコン工事業者が出しているものもあります。

ですからこれは、ユーザーでやっていいところはやってくれても構いませんということなのだと理解していいはず。


ならばやれることは自分でやってみましょう。

業者と連絡を取り合いながらやらなければならないといけないことが多いと思いますが、室内外機の配管を外すとまでは言いませんが、緩めるておくことは自分で可能です。



それから室外機の架台取り付けボルトも緩めておけます。



それと真空引きを行なう際に必要な電源も準備しておきましょう。

ウエス、新聞紙、ビニール袋なども用意しておけば、時間の短縮につながりますし施工者も追加料金の請求もしにくくなるはずです。