エアコン取り外しの注意点とポイントとは

subpage1

エアコンの買い換えや引っ越しなどで使用していたエアコン取り外しが必要になるケースがあります。買い換えの時新しいエアコンの設置と一緒に、業者がエアコン取り外しを行ってくれる場合も多いですが、引っ越しの時にわざわざお金を掛けて業者に依頼することをためらう場合も少なくありません。

ポイントさえ押さえれば、自分でエアコン取り外しを行える場合もあります。その注意点と押さえておくべきポイントはどのような点になるのでしょうか。

まず一番大切なことは、少しでも自分で外すことに不安があったり難しそうだと思った場合は、大けがや事故の基にもなりかねないために、無理に自分では行わないことが大切です。

基本的な取り外し操作は難しくありませんが、ある程度の重量がある電気機械のために、漏電の心配や取り外し時に身体に負担がかかる場合もあります。


事故や怪我を防ぐ為にも無理は禁物です。


設置場所が高い場所にあれば、無理に自分で外さない方が無難です。

エアコン取り外しで一番注意が必要な行程は、ガスの回収を行うポンプダウンを行う時です。エアコンはガスを利用しているために、室内機や配管にガスが残っています。

ガスの回収は義務づけられているために、確実にこの作業を行う必要があるのです。
まず、室外機のカバーを外して配管の接続部が見えるようにします。


配管の細いバルブキャップをモンキーレンチで外してから六角レンチを使って閉めます。
この状態で冷房スイッチを押して5分ほど運転させ、その後に太い配管のバルブを閉めてしまいます。次に配管、配線を外しますが、その前に必ずコンセントを忘れずに抜いておきます。


配管のねじはきつく締まっている場合がある為に、モンキーレンチで回します。配管を切断する時には室内機から出ている50cm程度の場所で切断します。



配線は引き抜けば大丈夫です。



あとは室内機を落とさないように外せば修了です。



生活について情報

subpage2

エアコン取り外しは安全に作業を行わないと怪我をしてしまったり、本体を破損させてしまう可能性がありますから、きちんと工具をそろえてから取り掛かる必要があります。家庭で工具箱を持っているなら、その中に入っているもので十分に作業が可能ですが、これからそろえる場合は、たくさん市販されている工具しか使わないのでホームセンターなどで入手がしやすいです。...

next

注目情報

subpage3

エアコンには窓用とセパレートタイプがあります。窓用のエアコン取り外しについては特別に難しいことはないので、購入時に添付されてきた取り付け説明書を見れば誰にでも可能です。...

next

最新考察

subpage4

家に取り付けるものとして必要なエアコンは部屋が分かれている場合など各部屋に取り付ける必要もあります。最近のエアコンはオールシーズン使用するために快適に使うことができる様々な機能もついてきています。...

next

大事な生活の事

subpage5

壊れたわけではないけれど、エアコンを新しいものに取り替えたいと思っている方は潜在的に多いと思います。新しいものの方が効率もいいはずだし、結果、電気代も安くつくと思われるからです。...

next